入日茜オフィシャルブログ “茜空に歌えば”

irihiakane.exblog.jp ブログトップ

脳内改革ライブ!&渋谷gee-ge. セットリスト

2012.1.17(火)渋谷gee-ge.
セットリスト

1.痛み
2.僕のヒーロー
3.レクイエムが聴こえる
4.檸檬
5.清廉の空
アンコール:真夜中の猫


久しぶりの30分ライブということで、
悩んで悩んで決めた5曲。

自分で気づかなかったのがとても不思議なのですが、
ライブ後お客様に「『清廉の空』以外は昔の曲ばかりで懐かしかったです」
と言われて、ホントだ!初期の頃の曲ばっかりだ!と。


年初めだし、原点に返るつもりでという気持ちで選んだような。
短い時間だから、重いのいっとこう!というのもあったかな。
初めてのお客様、しかも20代の人たちにも届くものを、というのもあったなあ。


色々考えて、これがベストと思って臨んだつもりでした。
が、本番いっぱい間違えました。。。
堂々と、「これが私の歌です」と胸を張って歌えなかった、
そんな感じでした。



出演者のみなさんの歌を会場でずっと聴いていて、感じました。

今を生きてるなあって。
なんてストレートで素直なんだろう。

今の時代の空気そのものが、
テレビのニュースやネットに溢れる情報よりも強くはっきりと、
彼女たちの歌からダイレクトに伝わってきました。


本当の意味で時代を動かしているのは、
お偉い政治家の方々でも、どこぞの会社の社長さんでも、
働き過ぎの疲れたサラリーマンでもない、
彼女たちのような若者たちなんだと。
この国の未来の鍵を握っているのは、まさにこの世代なんだと。
そう感じました。

彼女や彼らが身体中から放っている、
「今この瞬間を生きている」という強さ、鋭さ、未知への自信、純粋である故の危うさ、
そういう疾走感のようなもの。
若いって、もうそれだけでなんて素敵なんだろう!


30代も後半になり、家庭を持ち、子供もいるのに、
私はどこかで自分はまだまだ若いんだと思っていたんだなあ。
あぁ、もう私は大人という階段を上ってしまっていたんだなあと、
実感しました。

って、何を今さら!と言われそうですが(汗)、
やっと目が覚めました。

そして今までいかに自分がのほほんと生きてきたのかが身にしみて感じられ、
なんだかみょーに恥ずかしくなりました。



人って、

どうしようもなく変わってしまった自分に気づいて初めて、
どうしようもなく変わらない自分と本気で向き合えるものなのかもしれません。


でもそれが、これから生きていく道しるべになるのだとしたら、
今回、年初めにこのイベントで歌うことが出来たことは、
もう本当に意味のある、貴重な経験だったのではないかと思います。


今の自分の歌を歌えなかったことはとても恥ずかしくて悔しいけれど、
あの日会場にいて下さったすべてのみなさまに、大切なことを教えていただきました。
心から感謝です。本当にありがとうございました。

そして改めて、入日茜デビュー10周年イヤーを、
悔いなく過ごそうと誓いました。


生まれ変わる時。

今の私が歌える歌をうたわねば。

あぁこれぞ脳内改革!

母ちゃんがんばるぞ。む!

c0140616_13395789.jpg

[PR]
by irihicinema | 2012-01-19 13:40 | セットリスト
line

入日茜と申します。シンガーソングライター  ピアノ弾き語り 福井県出身


by irihicinema
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31